不動産売買関するトラブル

不動産における売買は価格も高額であることが多いため、支払いが滞る場合、大きな損失を被る場合がございます。

 

売買代金請求と売買契約解除

日常生活を営む上で必ず発生する売買。民法では売買代金の支払いは、商品の引渡しと同時に行われることを原則としています(民法533、573)。当事者同士の合意による、代金を後で払うことはありますが基本的には商品の引渡しと同時となります。


商品を引き渡したのに、買主が代金を支払わない場合、契約を解除することが可能であり、
解除とあわせて損害賠償請求をすることもできます。金額が高額であればある程、弁護士へのご相談をご検討下さい。

 

不動産売買・契約

◆不動産売買のポイント
不動産の売買は価格も高額であるため、支払いが延滞すると大きな損害を被ることになりかねません。トラブルを防止するため、慎重な対応が求められます。

→詳しくはこちら
 

 

◆不動産賃貸契約のポイント
不動産は、私たちの生活や事業の基盤となる重要な財産であり、しかも高額です。このため、不動産については様々なルールが法律によって整備されています。

→詳しくはこちら
 

 

◆借地・借家トラブル
「明渡し」や「賃料の減額・総額」、「敷金」、「現状回復」など、借地・借家を巡ってはさまざまなトラブルが発生し、オーナーを悩ませています。

→詳しくはこちら

 

 

◆マンショントラブル
マンショントラブルマンションの解決には、管理規約や区分所有法等に関する専門知識が必要となります。

→詳しくはこちら



 


bana.jpg
 
  ※ ご予約をお願い致します。

    (電話での相談は控えさせていただいております)


■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所紹介  ■アクセス  ■弁護士費用
東京大塚法律事務所 Copyright c 2010 東京大塚法律事務所 All Rights Reserved.