マンション関するトラブル

マンションをめぐっても、様々な問題が考えられます。 例えば、
・  管理費を払ってくれない組合員がいる(管理費滞納・未納)
・  組合総会をうまく進行できるか心配だ(総会が紛糾したことがある。総会運営)


これらのトラブルの早期解決のために

これらマンションのトラブルは、一般のトラブルに比べて特殊な面がありますので、当該マンションの管理規約等や、いわゆる区分所有法等の法律を確認しておく必要があります。その上で、疑問点や不明点があれば、早めに、弁護士等の専門家に相談することをおすすめ致します。

 

マンションの滞納管理費の回収の流れ

(1) 内容証明郵便等による請求
        図2 (1).png

(2) 訴訟提起
     図2 (1).png
(3) 相手方に財産があれば、強制執行
     図2 (1).png
(4) 財産がなく、やむを得なければ、区分所有法59条による競売請求
     図2 (1).png
(5) 競売による買受人等、承継人への請求

上記の様な複雑なプロセスを経る一方で、5年間で消滅時効(水道料金は2年間)にかかってしまうので注意が必要です。
 

また、マンションにおける迷惑行為への対処は、区分所有法等の法律に特別な手続が用意されていますし、総会運営にも一定のノウハウがありますので、疑問点や不明点があれば、早めに、弁護士等の専門家に相談することをおすすめ致します。

 

不動産売買・契約

◆不動産売買のポイント
不動産の売買は価格も高額であるため、支払いが延滞すると大きな損害を被ることになりかねません。トラブルを防止するため、慎重な対応が求められます。

→詳しくはこちら
 

 

◆不動産賃貸契約のポイント
不動産は、私たちの生活や事業の基盤となる重要な財産であり、しかも高額です。このため、不動産については様々なルールが法律によって整備されています。

→詳しくはこちら
 

 

◆借地・借家トラブル
「明渡し」や「賃料の減額・総額」、「敷金」、「現状回復」など、借地・借家を巡ってはさまざまなトラブルが発生し、オーナーを悩ませています。

→詳しくはこちら

 

 

◆マンショントラブル
マンショントラブルマンションの解決には、管理規約や区分所有法等に関する専門知識が必要となります。

→詳しくはこちら



 


bana.jpg
 
  ※ ご予約をお願い致します。

    (電話での相談は控えさせていただいております)


■HOME  ■弁護士紹介  ■事務所紹介  ■アクセス  ■弁護士費用
東京大塚法律事務所 Copyright c 2010 東京大塚法律事務所 All Rights Reserved.